甲ちゃんと一緒、いつまでも一緒

       縁あって甲斐犬の里親になりました。が・・・ こうちゃん仲良くしてくださいm(_ _)m

プロフィール

ちしゃ猫

Author:ちしゃ猫

    にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
    甲斐犬の事を知りたいと思い参加しました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

甲ちゃんは高い所が好き?

2017/02/06(月) 甲斐犬甲牙とのドタバタ日記^^;
2017.02.04 甲ちゃんと煙は高い所に登る^^
甲牙には散歩も含めて日々驚かされる事が多々あります
写真をクリックすると大きくなります

散歩に出てちょっと困る?事
兎に角ピョンピョンと高い所に飛び乗りたがる事

猟師さんに連れられて狩りに出る甲斐犬は
遠くを見る為?何かの確認?の為に高い所に登ると聞いた事があります
又、手頃な高い所が無いと木に登ると聞いた事があります


DSCF4773s.jpg DSCF4774s.jpg
この位のは「高い」ではなくて段差だよ^^


この腰上くらいの段差は日常の普通の散歩コース
DSCF4777s.jpg   DSCF4804s.jpg
ワン子さんだから急な斜面は平気と思うけれど・・・・
他所のお宅の敷地内にピョンと入っていくのは止めてほしぃンだけどな・・・・
腰以上の高さで私たちにはちょっと^^;  ←やはり止めておいた方が賢明

普通に目線の高さも 助走もなく 構える事もなくピョン!
他所のお宅のお庭でも偵察??   三峰神社でもピョン して偵察??
DSCF4766s.jpg   13_F5593s.jpg
こんな風に何処にでも飛び乗るワン子さんは
散歩でも見ないし、三峰神社でもそんな子何処にも居なかったよ


そして最近一番のビックリは これ
道路拡張工事の為、垂直近くに切り出した3メートルは優にある斜面
(最初は崖の様だった)
一時中断の為、草が生えてしまったけれど(この延長は工事が再開されました)
此処をピョンと一度足を掛けて助走も無しに飛び登ってしまった@@
Fs5694s.jpg
見晴らしの良い高い所に登って何かを確認??偵察? なのかな????
降りるのも呼んだらピョン!と ひとっ飛び @@

甲ちゃん ホント ビックリだよ
DSCF4635s.jpg
そうだヨ! まだまだ序の口だからね♪♪

ハイ! こころして置きます^^ゞ
(今度おだててみようかな^ー^)
ああああああ沢山おだてないとアカンやろな (by おとん)

******最近思った事、甲牙の様子も φ(。。)メモメモッ*******

(この地は−10℃くらいは普通のせいか最近は冬毛がもっさり
今は丸く見えます)

甲牙の体重は12キロ前後、体高は42㎝ちょっと で小さめ

以前の日記のピョンと跳ねて”ネズミを穴から追い出すキツネ”がする様な仕草、習性?も
闇雲に穴を掘ったり、追いかけるのではなく、
狩りをしている様に思える

食事の様子でも、
見ているとお八つ(夕食時、一緒に甲牙用の鶏肉等)を与えると翌朝のペレットは残す
「自分で調節しているのではないか」と思える様な食べ方
最終的に一日に食べる分量は自分で知っているみたいでビックリ@@!
私だったら喜んで有るだけ全部食べてしまうのにな^^アハ

あの跳躍にしても、モグラを追いかける様も
甲斐犬の能力を垣間見た様な気がする
甲ちゃん 此れからももっともっとビックリさせてね♪



△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

お手数をお掛けいたしますが
この日記へのコメントはこちらへお願いします。
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ         
ワン子さんのお友達もいず、全くの手探りです       
色々知りたいと思い参加しています。
       

お花の日記←こちらも覗いて見て下さいUP

スポンサーサイト

Theme:犬との生活
Genre:ペット

comments(-)|trackback(0)|甲ちゃんの事  |2017-02-06_11:00|page top

甲ちゃんは側対歩? (歩き方色々) 

2016/10/30(月) 甲斐犬甲牙とのドタバタ日記^^;
20167.01.30 疲れない歩き方なんだよ^ー^
写真をクリックすると大きくなります

雪の日の足跡が面白いと思った事と、先日肉球の事等も色々調べている時に
歩き方にも検索が広がってしまって^^;

普段の甲牙の歩き方を見ていると
同じ側の前後の足をを同時に出して歩いている事が多い気がする・・・・

<<歩き方でわかる犬のキモチ参照抜萃>>
BD7sA4687.jpg namiashi.gif
常足(なみあし)/ウォーク ←ゆっくりとした歩き(4本ばらばら)
図のように左右の前後肢を交互に前に出す歩き方です。



DSCF5365s.jpg sokutaiho.gif
側対歩(そくたいほ)/ペイス ←同じ側の前後肢を同時に出す歩き方
ゆっくり歩くときなどに見られます。

甲ちゃんはこの歩き方が一番多い?? かな???  と思う^^;^^;
でもユックリではない・・・・

追記 (夕方の散歩の後で)
甲牙の側対歩はおとんをグイグイ引っ張りながらなので
とてもゆっくりとはほど遠く、それでも「側対歩」で良いのかな??

甲牙追記: お父ちゃんの歩き方が遅いから引っ張る事になるンだょ!
リードが緩んでいる時はトロットで格好良く歩いているでしょ!!


DSCF5393s.jpg hayaashi.gif
斜対歩・速足/トロット ←すたすた歩く、右前足と左後足を同時に出す歩き方
常足をさらに速くしたような歩き方です。
人間で言うジョギング程度に相当します


追記 【2】
身も心も軽くなって♪公園を抜けて家路につくと
おしりフリフリ ルンルンスタスタ軽快に歩いて帰ります。 
多分これがトロット?



113622s.jpg
駈足(かけあし)・キャンター ←走る
動かし方は右前足→左前足→左後足→左前足
足は必ず一本地面についています
※画像は「ことばどく」よりお借りしました



*十数年前のコンデジ+寒さでシャッターが降りず↓こんな画像で失礼^^;あああああああああああああああ
DSCF4308sss.jpg kakeashi.gif
襲歩(しゅうほ)/ギャロップ ←最も速く走る、
足の動かし方は駈足と同じ
全身をばねのように使い、体を伸び縮みさせて走る
一瞬4本のすべての足が空中にうきます



BD7sA4689.jpg
側対歩(そくたいほ)はゆっくり歩くときとあったけれど
でも甲ちゃんは、この速めの側対歩(そくたいほ)の方が多いかな?
盲導犬等は躯が上下に揺れない様に、又 長時間歩いても疲れない様にと
通常 側対歩で歩く様に訓練されていると聞いた事が有るけれど・・・・

甲ちゃん そんなに速い側対歩で疲れないの??

甲ちゃんは速くても 疲れない歩き方なんだよ^ー^

そうなんだ〜 

でもね
BD7sA4697.jpg BD7sA4695.jpg
なんで何時もこんな怖い顔をして歩いているの??

os04s.jpg
(よっぽどこの子↑の方が優しい顔をしていと思うょ・・・)
<<画像はWerwolfブログ様よりお借りしています>>


(ΦωΦ)フフ… (〃 ̄ー ̄〃)ニマァ (〃▽〃)つ エヘヘ

この前、お犬様がオオカミの三峰神社にお参りに行ったからね♪♪
ご先祖様だからね♪♪


(;´∩`) '`,、ッ!!  (´。`;)・・・・
(でも確かに戦後間もない頃、重い荷車等を引っ張っていた犬は
頭を下げてクビを伸ばしてこんな歩き方をしていた)



*三峰神社の狛犬は日本オオカミです^ー^

三峰神社の狛犬は後ほどm(_ _)m

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

お手数をお掛けいたしますが
この日記へのコメントはこちらへお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
お花の日記←こちらも覗いて見て下さいUP



Theme:犬との生活
Genre:ペット

comments(-)|trackback(0)|甲ちゃんの事  |2017-01-30_14:00|page top

肉球の色が変?

2017/01/20(金) 甲斐犬甲牙とのドタバタ日記^^;
2017.01.20 色が変わった????
写真をクリックすると大きくなります

一月の初旬
甲ちゃんが日向ボッコをしながら足を舐めていたとき
妙に前足の肉球がピンク色になっているのに気がつきました

触ってみると黒くてザラザラしてた足先?指先?の肉球がスベスベしている
DSCsF5004.jpg DSCsF5007.jpg

色々調べてみると
肉球は断面にすると外側から順に
「角質層→表皮層→真皮層→皮下組織層」 
という構造になっているとありました

その角質層が良く歩く事によって少しすり減ってきたようです
体温が下がると黒っぽくなりました

1_7sA4870.jpg 5_7sA4874.jpg

そしてその肉球の表皮層の構造は、ハニカム構造と言うそうで、
(ハニカム構造;正六角形を始めとする立体図形を隙間なく並べた構造)

強度を保ちつつ重量を最小限に抑えられるという特徴を有するとありました
段ボール材などでたまに見かけるサンドイッチパネルの様なものだそうです

2_7sA4873.jpg 3_7sA4872.jpg

 つま先を地面につけて移動する「趾行性動物」(しこうせいどうぶつ)は、
小さな面積で大きな力を支えなければなりませんので結果として
優れた圧分散能力を持ったハニカム構造を、進化の歴史の中で発達させてきたものと推測される様です

表皮に見られるスパイク状の突起が「動静脈吻合」という特徴的な血管構造を通して、
凍傷を防ぐ役割を担っていることが明らかになったという調査の結果が有る。とありました。
子犬の部屋様 ハニカム構造より 引用抜粋


4_7sA4875.jpg
ところで甲ちゃん
指しゃぶりをして まだ赤ちゃんだね♪♩

違うョ! こうにして肉球のお手入れをしているンだヨ!!
失礼しちゃうネ!!!!!


ハイ! 失礼しました^^ゞ

***********************

調べてみて分かった事の φ(。。)メモメモッ
水平に歩く犬、犬ゾリを引くハスキー犬等の様に
前足を良く使って歩く犬には良く見られるそうで
甲牙も、頭と体を水平にして歩きます
(後ろ足を良く使って歩く犬は体を起こして歩くとの事)

DSCFs5217.jpg DSCsF5215.jpg
肉球の構造が凍傷を防ぐ役割もあるので
雪の中でも平気でいられる
と、言う事だったのね。

雪の中でも冷たくないのかな〜 と思っていた謎は解けたけれど・・・・
でもやっぱり   冷たくないのかな〜〜〜〜〜

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

お手数をお掛けいたしますが
この日記へのコメントはこちらへお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

お花の日記←こちらも覗いて見て下さいUP



Theme:犬との生活
Genre:ペット

comments(-)|trackback(0)|甲ちゃんの事  |2017-01-20_15:31|page top

幸せを運んでくれた黒い犬^^

2017/01/01(日) 甲斐犬甲牙とのドタバタ日記^^;
2017.01.01 初詣にいきました♪♪
写真をクリックすると大きくなります

(フーの所から借りてきています^^;)
konichiha_1_2.jpg
本年もどうぞ宜しくお願いいたします


甲ちゃんと暮らしはじめて丸3ヶ月になろうとしています

この里山に越してきたら犬と暮らしたい と思っていました
里山と言う事で、雑種でも良いのでこの地を思い切り楽しんでくれる子が希望でした
迎える所も保健所や里親募集のワン子さんと決めていました
娘も何処そこで譲渡会をしているよ
と情報をくれたり保健所のワン子さんを探したりしていました

そして出会えた子が「甲ちゃん」でした

東京での生活は仕事柄、座って居る事が多く
気がつくと一日300歩(家の中で最低限の移動距離^^;)の生活

それが甲ちゃんがきてから
朝1時間〜1時間半 夕方も同じ位の散歩
とっても健康的です^^

気がつけば甲ちゃんに話しかけています^^
私ってこんなにおしゃべりだったけ??

甲ちゃんが来る前から散歩はしていましたが
甲ちゃんがいると色々な方々と知り合えてちょっとした
立ち話もします

そんなこんなの3ヶ月でした

そして年が明けて氏神さんの所に初詣 ご挨拶に行ってきました♪
甲ちゃんは神社で何かが見える様で、どうも苦手のようです
IMGs_1907.jpg IMGs_1912.jpg
(代表で3人分のお参りをしてきました♪)

散歩道はと言うと
10月初旬はまだ散歩道の景色も緑が多かったのですがあああああああああああああああ
DSCsF3662.jpg IMGs_1876.jpg
あああああああああああああああああああすっかり冬枯れ色になりました



里山生活 楽しい人〜〜♪ 手を挙げて はぁ〜〜〜ぃ
あああああああああああああああああああ(写真がないので 落書きで 失礼^^;^^;)
DSCFs40s06.jpg DSCsF4934s.jpg

甲ちゃん 4ツ上げてんだょ♪

ホント 甲ちゃんも楽しいンだね 良かった

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

お手数をお掛けいたしますが
この日記へのコメントはこちらへお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

お花の日記←こちらも覗いて見て下さいUP



Theme:犬との生活
Genre:ペット

comments(-)|trackback(0)|甲ちゃんの事  |2017-01-01_22:27|page top