甲ちゃんと一緒、いつまでも一緒

       縁あって甲斐犬の里親になりました。が・・・ こうちゃん仲良くしてくださいm(_ _)m

プロフィール

ちしゃ猫

Author:ちしゃ猫

    にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
    甲斐犬の事を知りたいと思い参加しました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

甲ちゃんのプチ『大脱走』^^

2017/05/31(火) 甲斐犬甲牙とのドタバタ日記^^;
2017.05.24 だってクマちゃんに焚き付けられたんだもん
写真をクリックすると大きくなります


4月の末頃の騒ぎ?以降、落ち着いたかに見えた甲ちゃん
散歩を拒否したり,まだまだかなりの波が伺える
家の中にいても今まで知っている音にも過剰反応し、狭い所、暗い所に隠れたがる事も
散歩の途中で、他所のお宅の家の中から聞こえる音にもビックリ!!
でもクマちゃんコースは人家の無くなる林道に入るとほぼ普通にお散歩が出来る

この日も林道の取っ付きで車でお出かけのクマちゃんパパとママに会う
「今日もさぁ〜 クマがいじけているから良かったら遊んでやってョ」 と。

そしてこの日(24日)も自分からクマちゃんに会いに行くし、
クマちゃんが付いてきたので一緒に林道コースをお散歩
(ワン子さんを2匹も連れていると とっても賑やか)


じきに クマちゃんは例のごとく いつの間にか居なくなってしまい
何時ものヒカゲ橋で折り返した所にある駐車スペースで用をたしていると思ったら
甲ちゃんもスッ と消えてしまった
1Fs8237_2.jpg


2Fs8188_2.jpg 3Fs8189_2.jpg
多分こんなルートで何かを追いかけたと思う

4Fs8190.jpg 5Fs8192.jpg
ちょっとした谷になっていて、ガサガサ言う獣の音も聞こえず^^;

最近キジを追いかけたり、タヌキに反応して追おうとしたりしていたから・・・・
そう言えばこの日は林道の手前から何かに反応して追いたがっていたよね・・・・

20分程名前を呼びながら探し、このまま川を下るとクマちゃん宅に着くので
私がクマちゃん宅まで様子を見に
クマちゃんがつまならそうに寝そべっているだけで 甲ちゃんは見当たらず
この時点で6時半を回っており懐中電灯をとり出し、急いであの失踪現場に戻り、
暗くなるので甲ちゃんパパが車を取りに帰ることに

甲ちゃんパパが車で戻ってきたので、もう一度クマちゃん宅の回りを見に
でも やはりクマちゃんだけ

仕方なく居なくなった所に引き返そうとした時、
クマちゃんご夫婦が帰って来られ 不思議そうな顔で 「どうしたの?」 と
訳を話すと直ぐに 「クマを連れて上を見に行くよ」
と言って下さり 林道用の小型の車で上がっていかれた

しばらくその近辺を探した私たちも、此れだけ時間がたったので
(川を上流まで登ると峠の下が谷の取っ付きになる)
この谷の取っ付きまで行ってみようと言う事になり林道を上がって行くと
上から下りてきたクマちゃんぱぱと出会い  立ち話^^;

「甲斐犬は本能だからな〜 何か見たらしゃァ〜ないョなぁ〜〜
ワンワンと吠える犬では無いしなぁ〜〜
テンか鳥を追っかけて どっかその辺で遊んでんじゃないの♪」
「案外 もう家に帰っているんじゃないの??」 とも。

「でも踏切を2ツ渡らないといけないから(甲ちゃんは踏切が苦手)」と返事をすると
「大概の迷子犬は皆ウチに来るからさぁ〜 ウチを見て来よう
来たら確保して連絡するよ♪」

そこでクマちゃんパパと別れ、谷の取っ付きの峠まで行き
しばらく居て引き返す

この峠は先日の4時間ロングコース散歩で甲ちゃんは知っている道(と思う)
このまま下れば我が家 と、いう事になるので私だけ家に帰る

それから甲ちゃんパパはしばらく失踪場所にいたけれど
もう一度取っ付きを見に行こうとした時

車のライトの中にチラリと薮から動物が

「甲牙!」
と呼ぶと 甲ちゃんが・・・・・そこに

叱られるかと思ったのか、這いつくばる様に体を低くして下から見上げ
ゴメンナサイポーズでゼイゼイ、ハーハー 言っていたそうな
叱ろうと思ったけれど、とんでもない

6Fs8233_2.jpg
顔を見たらそんな事は頭からすっ飛んで、
「よぅ帰ったな ヨシヨシ^^」 と なったそうな♪

甲ちゃんは車を見たとたん飛び乗って甲ちゃんの指定席に
それでもまだ ゼイゼイ、ハ〜ハ〜 だったとか
(この時点で見つかったよ♪ と連絡有り^^)

その時9時 林道は真っ暗^^;

   クマちゃん宅に寄りあの失踪場所に帰ってきたと報告
     「やっぱし 賢いなぁ〜〜!」  by クマちゃんパパ
     「エッ? 居なくなったの初めてなの??」 by 不思議そうなクマちゃんママ
     (クマちゃんは3日くらいの脱走はしょっちゅうらしい^^;)



3時間の 甲ちゃんの大冒険でした♪♪

2Fs8241.jpg


ゥッフッフ♪♪ な・い・しょ・(*^ー^*)
ホントは 怖かったの^^;



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     追記メモ
   4月の末頃の騒ぎ?以降、落ち着いたかに見えた甲牙
   波があるようで、また散歩に行きたがらず、凄い抵抗の日もあり
   音に異常な程警戒をし、やはり何か歯車が狂ってしまっている
   家の中に居ても窓を開けると外からの音が怖いのか狭い所に隠れてしまう
   外で、特に一番の苦手?がサルを追い払う為の猟銃の疑似音
   なだめすかして連れ出すも、特に人家の有る所は落ち着きが無く 早く離れたい様子
   今までこんな事 無かったのに・・・・
   窓が閉まっていれば何の問題もないのに・・・・
   風が吹いていても外に居たら何の問題も無いのに・・・・

   以前の様にルンルンでお散歩が出来る様になるのは何時かな??

   里山の風の音 里山の風の匂い 都会とは違う里山独特の生活音
   甲ちゃん まだ全てのモノ 感じるモノ 見るモノ 聞こえるモノ 全てが初めての経験だものね
   赤ちゃんの時から居る訳でなく、まだ1年たっていないンだものね
   甲ちゃんは賢いから過敏に感じてしまうんだね 経験を積んだら解決するよね


7Fs8239.jpg
ほら 里山は今 こんなに気持ちが良いよ


△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

お手数をお掛けいたしますが
この日記へのコメントはこちらへお願いします。
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ         
ワン子さんのお友達もいず、全くの手探りです       
色々知りたいと思い参加しています。
       

お花の日記←こちらも覗いて見て下さいUP
スポンサーサイト

Theme:犬との生活
Genre:ペット

comments(-)|trackback(0)|甲ちゃんの事  |2017-05-30_16:13|page top

甲ちゃんがロミオ? クマちゃんが??

2017/05/19(金) 甲斐犬甲牙とのドタバタ日記^^;
2017.05.12 勝手に猟犬 クマちゃんは”女傑!”
写真をクリックすると大きくなります

3月からちょっと体調が優れず連休明けに寝込みました^^;
《写真が無いのでまた落書きでm(_ _)m》


私が寝込んでいた間^^;
お散歩は甲ちゃんとおとうちゃんの二人だけ

夕方、何時もの様にクマちゃんコースの林道を登っていくと
車でお出かけのクマちゃんパパにばったり(けっこう時々会いますが^^;)
すれ違い様
「今 クマが一人でふてくされているから 良かったら遊んでやって♪」 と

で、甲ちゃんはそれを聞いてか?
スタスタとクマちゃん宅の方へ自分から登っていったらしい

そしてウッドデッキからつまらなそうに下をみていたクマちゃんとご対面
2a2s_F8163.jpg 3a-8552a.jpg
ああああああああああああああああああああクマちゃん宅のウッドデッキは広くて高い(下は崖で河原)

クマちゃんは生後数ヶ月の頃迷い込んで来たという
ちっこくて小熊みたいだったから女の子でも『クマちゃん♪』
ちっこいくせして住む場所を自分で決めて
勝手に主人も決めて、クマちゃんパパ宅に居着いたと言う
また子犬のくせして3ヶ月は人の手から物を食べなかったとか
クサリに繋いだ事は無く、山中がクマちゃんの遊び場♪♪
ネコを木に追いつめると3日くらいはその下でご飯も食べず見張っていたとか

狩りを教えた訳でも無いのにシカを勝手に追いかけて行き
(クマちゃんパパは猟師さんではありません)
持ち帰って来るのは後ろ足1本とか前足だったり 等々・・・・
首を持ち帰った時は流石のクマちゃんママも
『きゃぁ〜!!』と・・・・

クマちゃんパパのお話では
鹿の後ろに廻ってアキレス腱に噛みつき
お尻を引っ張って川の中に引きずり込み バリバリと音を立てて骨を・・・・
(この後はちょっと書けません)
クマちゃんパパも可哀想で見ていられなかったと仰っていました



クマちゃんと一頻り遊んでから散歩の続きで林道を登り「ヒカゲの橋」まで
此処でUターンして帰ってきたらクマちゃんが辻まで出て待っていてくれたとか

DSCsF8134.jpg


ちょこっと遊んでバイバイして帰ろうとしたら 何時もみたいにトコトコ付いてきたと言う
(帰る時、付かず離れずで付いてきて 山に入るのか沢に下りるのか
目の前を歩いているのにいつの間にか居なくなってしまう 忍者みたい?)

帰り道一緒に歩いていたら、今度は車で上がって来た
帰宅途中のクマちゃんママとばったり

クマちゃんを連れて帰ると言うので車に乗せて帰るのかと思ったら

1_2aFs8168.jpg

車の前を歩かせて 後ろから追い立ててのご帰宅だった

「何が?」も 「どちら」も 恐るべし・・・・
@@;

流石まだまだ猟師の地

追記
この林道でまだ家屋の有る辺りはワン子さんの散歩に会う事がありますが、
その上の数件と、別荘がパラパラと建つ近辺になるとワン子さんの散歩には
全く会う事はありません

どうもクマちゃんが恐いみたい(多分クマちゃんに襲われる?)
そしてクマちゃんパパが言う事には
「甲ちゃんは初めてのお友達だよ♪」

(そう言えば ダンちゃん(12才の甲斐犬の女の子)パパも,
お散歩で会う子たちは皆 「ダンちゃん怖い」 と 言われているとかで、
甲ちゃんが来るまでお友達が居なかったと)

14才と、12才の元オトメだけど
甲ちゃん 男の子で良かったね モテモテだね^ー^

ちょっと複雑だけれどね♪♪

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

お手数をお掛けいたしますが
この日記へのコメントはこちらへお願いします。
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ         
ワン子さんのお友達もいず、全くの手探りです       
色々知りたいと思い参加しています。
       

お花の日記←こちらも覗いて見て下さいUP

Theme:犬との生活
Genre:ペット

comments(-)|trackback(0)|お友達が出来た♪|2017-05-19_14:46|page top

ウチの若は絶不調  でしたが、今は^ー^v

2017/05/07(日) 甲斐犬甲牙とのドタバタ日記^^;
2017.05.05  気分転換に行ってきました♪♪
写真をクリックすると大きくなります

実は我が家の『若』
4月の23日の日曜日から絶不調^^;

日曜日の朝から「お散歩なんて行きたく無い!!!」と
2階のベットから下りずストライキ
無理矢理起こして下に降ろすも
小さく固まって遠目でも確認出来る程の震えよう・・・・

兎に角チッコとウンちゃんをさせないといけないので外に出ても
全くのパニック状態

いったい何が有ったのかな??? ??
前日の散歩は普通に行っていたしご飯んも普通に食べたし・・・・

その後5日程は暑いので窓を開けても震えるし・・・・
食事も食べたり食べなかったり 食べてもチョビット・・・・
ウンちゃんも下痢寸前の軟便

音にも敏感で家の中でもビックリする様な音は立てない様に気をつかい^^;
何もしてあげられないのが・・・・   見ていてとてもつらい

してあげられる事は私たちが普通に振る舞って
怖い事も心配する事はないよ♪ と感じてもらう事

10日程してやっと何時ものお散歩コースならなんとか行って来られる様になって
でも軟便は相変わらず・・・・・・・・

3日程前からウンちゃん軟便混じりでもほぼ普通のが出る様になって
「散歩行くよ!」と声を掛けるとちょっと喜ぶ様になって
普段の散歩と段々変わりなく行ける様になったので

気分転換にクマちゃんの散歩コースの延長に
すみれ見も兼ねて行ってきました♪




DSCFs7952.jpg DSCFs7951.jpg
甲ちゃんのお弁当♪
鳥の胸肉をソテーして小さなおむすびにしました
甲ちゃんのお弁当の番をしているのはフーちゃんとモグラさん^^


DSCFs7954.jpg DSCFs7981.jpg
↑この辺はまだ散歩コース  散歩コースの先  スギを伐採した後に広葉樹を植林↑


DSCFs7992.jpg DSCFs8019.jpg
まだビックリしてパニック状態になると何処にとんで行ってしまうのか分からないので
全くのノーリードには出来ませんでした

途中で会った親しくして頂いている(猟犬ビーグルの飼い主の)おっちゃんに
「ワン子はこう言う所に連れてきたらノーリードだよ♪♪」と言われちゃった♪
「でも今ナーバスになっていて何処に行ってしまうか分からないから^^;」と答えると
「耳の立ったワン子は必ず戻って来るから^^」と 豪快に笑って山菜採りに行かれた


DSCFs8046.jpg DSCFs8054.jpg
殆ど人に会う事もなく
すみれの写真を写しながらのんびりとゆっくりと



DSCF8009s.jpg DSCF8070s.jpg
「マルバスミレ」      と        「アカネスミレ」


コスミレ?F8080s DSCFs8083.jpg
お弁当を食べた所に咲いていた「コスミレ」   と     そこから見えた秩父盆地
結局4時間のロングコースとなりました^^

そして今 甲ちゃんは何時もの甲ちゃんに復活w^ー^w



DSCFs7807.jpg DSCFs7808.jpg
ウン もう大丈夫だからね♪♪

ジジババは心配性です^^;

甲斐犬の繊細さに、また自分で判断したり確認したりと
頭の良さを改めて認識し、純血種の難しさも知りました。



△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

お手数をお掛けいたしますが
この日記へのコメントはこちらへお願いします。
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ         
ワン子さんのお友達もいず、全くの手探りです       
色々知りたいと思い参加しています。
       

お花の日記←こちらも覗いて見て下さいUP

Theme:犬との生活
Genre:ペット

comments(-)|trackback(0)|甲ちゃんの事  |2017-05-07_15:53|page top