甲ちゃんと一緒、いつまでも一緒

       縁あって甲斐犬の里親になりました。が・・・ こうちゃん仲良くしてくださいm(_ _)m

プロフィール

ちしゃ猫

Author:ちしゃ猫

    にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
    甲斐犬の事を知りたいと思い参加しました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

縁あって里親になりました。

2016/10/11(火) 甲斐犬甲牙とのドタバタ日記^^;
写真をクリックすると大きくなります

去年(2015)3月にお月様に帰る
フー(ウサギ)を見送り
それから1年半
フーの様に何か縁の有る子迎えたいと思い
(ペットショップには可愛いコロコロした仔が沢山いましたが)
奥秩父という自然豊かな里山の環境に適した子と出会う事ができました

10月08日 我が家にやってきました♪♪



今朝(11日)の散歩

DSCFs3638.jpg

DSCsF3639.jpg DSCsF3644.jpg


ボク 甲ちゃん 
DSCsF3640.jpg
どうぞ宜しく ^ー^ゞ



日本の天然記念物に指定されている数少ない純血の甲斐犬との事
純血故、都会で飼うには余りにも野生すぎるので自然の中で暮らす方が幸せになれるとの事

そんな縁があって我が家の子になりました。

野生に近い犬と暮らすのは初めてです。

昔、実家で「十石犬」でと言う猟犬を飼っていました。
母の実家からやってきたのですが、その犬は猟犬失格^^;
イノシシやクマには一頭で立ち向かうのですが
鳥を見ると鉄砲玉の様に飛び出しその上捕まえて食べてしまい、
残骸を得意そうに持って帰るという失格犬

1才のとき、車で60キロ離れた私の実家(一応県庁所在地です♪)に来たのですが
その日の晩に首輪から抜け出し
3日後には「犬 帰ってきたで〜」と電話が
(まさか里に帰っているとは思わず市内を探しまわっていました)

次の日曜日、また父が迎えにいきました。
それからはしっかりと繋ぎましたが里が恋しいのか
毎晩悲しい声で鳴きました。

幸い甲ちゃんはそのような事は無く私たちは安堵しましたが
最初の日は、じっと耐えている様子が伺え、やはり心が痛みました

子どもの頃 母の実家に行ったとき
山などに子どもたちだけで遊びに入る時は必ず
「犬 連れてけ〜!」と言われました。
幸いイノシシにもクマにも出会う事はなかったですが
純粋な猟犬の血を受け継ぐ甲ちゃんとまた山に遊びに行きたいです。
数少ない言葉の指示に従う事が出来る賢い子です


今日で3日目
昨夜と一昨日の晩の様子
やって来てペトっと引っ付いてなでなでを要求
その後、コロンとお腹を出してお腹もさすって と
20161009.jpg 20161010bs.jpg



夜中、私が起きると付いてきて健気?にドアの前で待っていてくれたのに
朝、私が起きた時は顔で見送るだけでおとん(主人)が起きた時
一緒に起きてきた@@

君はお寝坊さんだったの??

でも少しは慣れてくれたと言う事なのかな?

甲ちゃん 此れからず〜〜と一緒だよ
いつまでも一緒だよ

最後ですが甲ちゃんの名前は
「甲牙」4才です
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m


△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

お手数をお掛けいたしますが
この日記へのコメントはこちらへお願いします。

お花の日記←こちらも覗いて見て下さいUP

スポンサーサイト

Theme:犬との生活
Genre:ペット

comments(0)|trackback(-)|プロローグ 暮らしはじめて(2ヶ月間の事) |2016-10-11_13:00|page top

コメントの投稿

非公開コメント